忍者ブログ

07年ダイヤ改正から奥羽北線にED75が入線するようになりましたが、08年ダイヤ改正で赤雷に置き換わりました。それでも毎朝の1656レの見たまま情報をメインに発信します。
10 2017/11 11 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12

08.16.22:15

東北新幹線


今回の東京への家族旅行は、まともな鉄写真はなし・・。
帰りの上野駅で、本当に少しだけ新幹線を撮っただけです。
やたらラッピングしている新幹線が入線し、東北を実感しました。
PR

08.15.23:44

スカイツリー


昨日は、4年に一度オリンピックの年に行われる高校の同期会。
減ることはあっても増えることのない同期生。笑顔の再会で盛り上がりました。
年齢的に、副市長であったり教育長であったり、また大学の副学長など、皆さん偉くなっています。

明日は大館「大文字祭り」が行われ、日中は大文字踊りで華を添えます。
自分も10年振り位の参加で、年齢的に一番前で踊る羽目に・・。
天気が心配で、夜の花火大会が行われるか気になります。

写真は初めて遭遇したスカイツリー。
近くで見ると、その高さに圧倒されてしまいました。

08.16.00:50

北海道旅行 3日目

C11-171
3日目は、気合いを入れて朝練に出動しようと思っていましたが、余りに気合いを入れすぎて飲み過ぎました~。
小学校の遠足前の気分で、目覚ましの前に目覚め下り北斗星を部屋から眺め、また眠りに就いてしまいました。。。

チェックアウト後は、大沼遊覧船に乗り込みSLポイントを眺めながらの遊覧。
ガラガラでのんびりでしたが、次の遊覧船はSLを遊覧船から眺めることが出来るということで満員御礼。
このSL観戦の遊覧船を選ばなくて正解だった気がします。

SL函館大沼号が近づく頃には、家族連れで大沼公園駅は混雑が始まっていました。
家族全員ホームで見たいということで、記念入場券を購入してホームへ。
ホーム内外からの見物客でごった返していましたが、子供達も大はしゃぎ。

久々のSLに皆な興奮状態で目がキラキラ輝いていましたが、自分もはしゃぎ回って大変でした。
煙を吸い込み、郷愁に誘われる魅力が溢れているのが蒸気なのでしょうね。
珍しくカミさんも興奮していたのが、ちょっと嬉しかったりしました。

SLの興奮醒めやらぬままに大沼を後にして函館へ向かい、懲りずに函館山に。
この日も天気が良く、大パノラマを満喫してきました。

赤レンガ倉庫群で出航までの時間を過ごしましたが、函館の駐車場の少なさに辟易。
グルグル回りながら、結局は朝市の駐車場しか空いていなく、ドッと疲れが・・・。
それでも子供達が、修学旅行でやり残した所を廻ることが出来、満足したようです。

わずか2週間前に組んだ今回の旅行。
自分の若き日の想い出を確かめ、煙を吸うことが出来、家族も喜んだ旅行になりました。
子供が成長する毎に、一緒に出かけることが難しくなっている中で、なかなか良く出来ました~!
と、自分で自分を褒めています。。。

08.15.23:45

北海道旅行 2日目

hirafueki
1日目のTV番組で、何と!すぐ近くの比羅夫駅が登場!
「なにこれ珍百景」の番組で、駅舎を譲り受けホテル?を営業しているという話題でした。

早速次の日の朝、行って来ましたが、流石TV効果。
帰り道に立ち寄る人がひっきりなし。オーナーはお構いなしに涼しい顔。
う~~ん、これぞ珍百景の趣バッチリでした。

出来ればホームから列車を撮りたかったのですが、本線というよりローカル線に落ちぶれた路線に、
列車の来る気配は無し。一本乗り遅れると2~3時間後が無い寂しすぎる函館本線でした。

高校時代、C62ニセコを撮影しにこの地を訪れたのですが、まるっきり思い出せない。
一体どこでどうだったのか。。あの頃の活気がまるっきり無くなったジレンマに陥ってしまいました。

この後は大沼公園に南下し、大沼ステーションホテルに宿泊。
嬉しいことに、部屋から北斗星や貨物の音を感じながら見ることが出来、ちょっとだけ鉄分補給出来ました。
北海道のDD&DLはパワフルで早い!のには驚いてしまいましたね。。

続く・・

08.15.22:34

北海道旅行 1日目

hakodate
12~14日までの、2泊3日の北海道家族旅行の報告です。
1日目は、午前7時発の高速連絡船「なっちゃん」で函館に向かいました。
一時期運休になっていましたが、季節限定での運行のようです。

就航当時は、青森-函館間を1時間45分で結んでいたようですが、
現在は2時間45分の運行ですので、少~しだけ高速なのでしょうか。。

函館は比較的天気が良かったので、レンタカーを借りて一路函館山へ。
夜の函館も良いでしょうが、日中の函館山からのパノラマも素晴らしい!
360度見晴らせる景色は、また一味違う感動を与えてくれます。
しかも鉄には嬉しい函館駅俯瞰のおまけ付きでした~!

この後は、函館ラーメンを食べてニセコまで一っ走り。
といっても、約4時間近くの道程でした。意外に遠かった・・。

ニセコの宿はコンドミニアム。一応、高級コンドミニアムで季節限定一泊OK。
ある程度期待はしていましたが、予想以上の部屋で、家族一同驚嘆の声!
このまま一生住んでいたい~!というのは、珍しく家族一同の一致した感想でした。

前にはニセコアンヌプリ。後ろには蝦夷富士羊蹄山。
2フロアーに3ベッドルーム。それぞれ部屋にバスルームにペントハウス。
ジャグジーに入りながら、バーベキュー。二度と宿泊出来そうもない作りに言うこと無し!
ニセコの夜は、限りなく遅くまで続くのでした。。

続く・・・